【最新刊】紙の爆弾 2020年7月号

紙の爆弾

紙の爆弾編集部

600円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新しいタイプのスキャンダルマガジン! ●表紙●あの人の家●目次●検察庁法改正案「見送り」の舞台裏 黒川“賭けマージャン”直撃 自民党ガタガタ内情●特集第3弾「新型コロナ危機」と安倍失政 政府・専門家会議・マスコミ 素人たちが専門家を僭称して●経済専門家会議にみる政府の中小企業切り捨て●コロナ禍利用し“事前運動”小池百合子と東京都知事選●吉村洋文知事に騙されるな 維新が招いた大阪・医療崩壊●「感染対策に“緊急事態条項”必要」という改憲勢力の嘘●「自粛」から「強制」へ進行する監視社会●誰がPCR検査を妨害したのか 隠された数万人「肺炎死」●NEWS レスQ●コイツらのゼニ儲け 西田健●日本を包み込む「東京五輪バイアス」●東京五輪「延期」でさらに泥沼「東京ビッグサイト」使用停止が生む巨額損失●「格差」を読む 中川淳一●「ロックダウン」と「解除後」マレーシアから見た日本の“異常”●日米安保60年と安倍無責任政権 検察庁法改正案の語られざる「本質」●ニュースノワール 岡本萬尋●シアワセのイイ気持ち道講座 東陽片岡●前立腺がん患者をモルモットに 滋賀医大病院事件「疑惑の判決」●キラメキ★東京漂流記 村田らむ ●世界を裏から見てみよう マッド・アマノ●権力者たちのバトルロイヤル 西本頑司●広島拘置所より… 上田美由紀●ビートたけし・岡村隆史・手越祐也 本当に自粛すべきはこの芸能人たち●永田町アンタッチャブル アベ・カポネを嗤う●元公安・現イスラム教徒西道弘はこう考える●まけへんで!! 今月の西宮冷蔵 水谷真麻●読者の爆弾●奥付

    続きを読む
    ページ数
    132ページ
    提供開始日
    2020/06/08
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード