学校へ行けない僕と9人の先生

棚園正一

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

鳥山明先生と出会い、少年は生きる希望を見つけた。小~中学校時代、不登校だった著者の実体験を基にした物語。学校へ行けない日々、「9人の先生」との出会いと別れを通じて、喜び、傷つきながら成長していく少年の姿を描きます。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.7
10
5
2
4
5
3
2
2
0
1
1
レビュー投稿
  • 2019/02/04Posted by ブクログ

    繊細で感受性の強い少年だったんだなぁと思った。
    発想力が高く、創造性が豊かな少年という印象を受けた。
    大人の不用意な一言がこれほどまでに一人の少年を傷つけるということを私たちは胸に抱えて生きていかねば...

    続きを読む
  • 2019/01/30Posted by ブクログ

    学校に行けなくなってしまった人のことが分かるようになるかなと思って読み始めたけど、その点については結局のところよく分からなかった。少ないながら友だちもいたのに、なぜ頭が痛くなってしまうのか。勉強がいや...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2018/11/27Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
開く

セーフモード