【最新刊】思考術

思考術

大澤真幸

1,232円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    何を、いつ、いかにして考えるか―幅広い対象へ鋭く斬り込み、刺激的な著作を世に問い続ける知性には何が起きているのか。社会科学、文学、自然科学…異なるジャンルの書物の力を触媒にしながら、オリジナルな思考を紡ぎ出し、深化させる実践例を展開。さらには、執筆過程の舞台裏も初公開。知的創造の現場へと読者をいざなう。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/11
    連載誌/レーベル
    河出ブックス

    レビュー

    • 思考術2014/03/21Posted by ブクログ

      序章と終章で、読んだり書いたりすることを通しての、批評眼の養い方みたいなことを解説。結構大事なことを言っている。

      本書の中心になってるのは、古典文学はじめさまざまな作品の批評だが、序章と終章だけでも...

      続きを読む
    • 思考術2014/05/17Posted by ブクログ

      自由なはずの研究は、権威に拘束された探究よりもはるかに浅薄な命題しか導き出せない。何者かに不法侵入されたことによって思考は深まり、歩みを続けるのだ。そして、いい問いとは、こうした事情から思考せざる負え...

      続きを読む
    • 思考術2018/05/24Posted by ブクログ

      インパク知6・8
      かかった時間195分

      大澤真幸の、思考することについてのスタンスやそれをまとめるための方法についての簡単な説明のあと、実際に、いっけんさほど関連のなさそうな15の本の内容に触れなが...

      続きを読む
    開く

    セーフモード