ORをどのように生かしてきたか マーケティング・サイエンスの原点

フィリップ・コトラー

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    マーケティングの意思決定は、長い間、属人的な勘と主観を頼りに下されてきた。しかし、本稿が発表された1960年代後半になると、高度な定量分析を取り入れようとの動きが、企業の間に少しずつ広がり始めてきた。新商品の開発・投入、プライシング、広告、物流、営業部門のマネジメントといったさまざまな分野で、実地への応用も進んできていたのである。オペレーションズ・リサーチをマネジメントに生かし始めた黎明期のマーケティング手法を知るものだ。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2004年2月号)』に掲載された論文を電子書籍化したものです。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A001507067","price":"550"}]

    セーフモード