水が氷になるとき

西炯子

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

傷つきやすい若者たちの心の奥底を著者会心のエスプリをきかせて描出する傑作アンソロジー。話題作全五編を一挙収録。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.3
3
5
2
4
0
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2013/03/08Posted by ブクログ

    当時、今で言う所のBL的なものを摂取しようと思うと、元祖のJUNEか、プチフラワーに掲載される作家さんを張っているしかない、と言う状況だった。プチフラワーと言う雑誌は、それだけ当たりが来る確率の高い雑...

    続きを読む
  • 2013/02/28Posted by ブクログ

    天才・西炯子の初期短編集。JUNEに描いていた頃の彼女のラインは粗いけど神がかっていたよなあ。この頃は大好きでした。

  • 2007/05/19Posted by ブクログ

    途中でふと出てきた「本を読めば読むほど自分がからっぽになっていく気がするね」という台詞が読み終わった後も残っていた。主人公の心の多面性が好き。

[{"item_id":"A001506991","price":"462"}]

セーフモード