【最新刊】釈迦が説きたかったのは般若心経ではなく般若天行だった

釈迦が説きたかったのは般若心経ではなく般若天行だった

1冊

木村 正次郎

611円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    釈尊の大誤算、2500年の過ち。般若心経の限界。釈迦が救済の道を歩みだしたきっかけは、人間であれば必ず体験する「生老病死」という苦から逃れることであった。また、人間として生れたからには必ず、逃れられない「死」をどのように迎えるかが人生の大きな課題でありながら、その解決策が提示されないまま、多くの人が不安を抱える時代になったと言える。その解決策が、釈迦の救済魂を通じて70億人に天華三法行として提示されたのである。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/06
    出版社
    東洋出版
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード