ドナウよ、静かに流れよ

著者:大崎善生

615円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    愛する人のために唯一できるのは、死ぬことだった――「ドナウ川で邦人男女が心中」。偶然目にした新聞記事が頭から離れなくなった私は、二人の足跡を追って、ウィーンへ旅立った。19歳の女子大生は、はるか異国で何を思ったのか。そして、何ゆえに追い詰められたのか。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード