【最新刊】黒魔術の家

黒魔術の家

著者:吉村達也

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    黒木夏夫の家は、母と妻と子供の6人家族。妻の未紗がある日「6っていう数は縁起が悪いのよね」とつぶやいた。そして彼女は人数が「幸福な絶対数1」になるまで人数を減らそうとする。戦慄のサイコ・ホラー!※本書は、2003年1月に有楽出版社から刊行された『Black Magic Woman』を改題した文庫が底本です。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/10
    連載誌/レーベル
    角川ホラー文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(9件)
    • 1巻2006/12/07Posted by ブクログ

      「ヌガヌガ〜」「キュンバキュンバ!」がうちの流行語になった(笑)ピタゴラスの薀蓄はかったるかったが、博学として数秘術の話はタメになった。最後の最後のどんでんがえしにはいつもながらびっくりさせられつつ、...

      続きを読む
    • 1巻2006/06/30Posted by ブクログ

      前半はとにかく説明が多い!中盤からテンポよく進みます。終盤にかけて意外な展開になっていきます。なかなか良かったかな。

    • 1巻2011/03/28Posted by ブクログ

      正月には初詣、結婚式は教会、12月にはクリスマス、こんな日本人はご都合主義のマルチ信仰の暮らしをする現実主義者だ。

      現実直視型の人間はこう考える。神とは人が人の心を支配するために考案した超越的存在。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード