【最新刊】月のうさぎ

月のうさぎ

1冊

著者:吉村達也

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    国会答弁でUFOの実在を説いた防衛大臣の藤田は袋叩きに遭う。だが、エイリアンは実在していた。九州各地で異常事態が発生し、宮崎県の男女高校生に人類の滅亡が告げられる。「うさぎ」の正体とは? 書き下ろし!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/10
    連載誌/レーベル
    角川ホラー文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.4
    5
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/10/18Posted by ブクログ

      評価が難しい作品だ

       下手するとB級以下。しかし、なぜかそれを感じさせない。シングルマザーのストーリーは不要だと思うし、あまりに非現実の物語はオチが非常に難しいものだ。

       「プロメテウス」や「渚に...

      続きを読む
    • 2010/03/04Posted by ブクログ

      エイリアンによる地球の滅亡。
      最初はバラバラだったいろんな話がそこに集約されていって、やがてひとつの結末へ。
      現在までに地球で起きているUFO目撃情報や、それを隠蔽するアメリカの話などに、一応の辻褄の...

      続きを読む
    • 2009/08/03Posted by ブクログ

       うーん・・・・・・何というか、この話で何を書きたかったのかいまいちピンと来ませんでした・・・・・・。最近のSF映画によくある感じで、それの視覚効果が少なくなったものという印象でした。調べはしっかりし...

      続きを読む
    開く

    セーフモード