【最新刊】妖しき瑠璃色の魔術

「三色の悲劇」シリーズ

著者:吉村達也

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    元参議院議員の折笠修一郎が、新築した自宅で刺し殺された。死体のそばには、全身に返り血を浴び、右手に血まみれの包丁を握ったまま意識不明となった折笠夫人。状況から、妻が夫を殺し、その直後に睡眠薬入りのブランデーを飲み自殺を図ったのは確実とみられた。…だが、じつはそこには大胆奇抜な殺人方法が隠されていた。事件の捜査に烏丸ひろみ刑事が投入されるが、その前に現れたのが前作『哀しき檸檬色の密室』の犯人。烏丸ひろみに恋した殺人犯人は、彼女のために折笠事件の真犯人を追及するが…。『三色の悲劇』シリーズ最終作。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/10/24
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー
    • 「三色の悲劇」シリーズ 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「三色の悲劇」シリーズ 全 3 巻

      1,980円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    • 2013/04/08Posted by ブクログ

      三色の悲劇シリーズ最終巻。

      薔薇色、檸檬色に続く今作。

      いつもなら一緒に行動する二人と離れてしまうことで、いつものペースをつかめないままに時間が流れていく。
      そのせいで主人公のひろみを苦しめること...

      続きを読む
    • 2013/04/08Posted by ブクログ

      そこは赤と黄色の部屋だった!

      衝撃的な呼び込み文。

      前作『薔薇色』の後を引き継ぐ今作。

      しかし、読み進んでいってももやもや感が残る・・・・
      何がどう、とか詳しくは言えないが【汗】。

      主人公のた...

      続きを読む
    • 1巻2013/04/06Posted by ブクログ

      久しぶりにこのシリーズ。
      以前新書版で読んでいたのだけれども、すっかり忘れているので、改めて読み直し。
      一応、タイトルの順で、この本から読み始め。

      プライバシーを切り売りする私小説というものは、周り...

      続きを読む

    セーフモード