本などいらない草原ぐらし

著者:椎名誠

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    行きたい場所は全部行く、食べたいものは全部食べる。そして読みたい本は全部読む! あっちへ飛んでこっちへ走る、椎名誠の365日をわしわし綴った「移動本読み」エッセイ集。※本書は、一九九五年四月に本の雑誌社から刊行された単行本『むはの哭く夜はおそろしい』を改題し文庫化した作品を電子書籍化したものです。

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/12/21Posted by ブクログ

      移動本エッセイでした…まあ、他の椎名氏のエッセイと似たような感じですかね。旅に関するアレコレと移動先で読んだ本の感想…特に僕的には感想らしきものは浮かばないです。 ←え??

      あ、いや、決してつまらな...

      続きを読む
    • 2010/05/11Posted by ブクログ

      さらりと、語尾でふざけるところが、
      何とも言えずかっこいい。

      さりげなく、ちくりと皮肉るところが、
      痛快。


      男だな、と思う。

    • 2008/12/09Posted by ブクログ

      「いつかよほど心の余裕と時間があったら手がけてみたいと思っているのに「聞き書き物語」というのがある」「“その道ひとすじ○○年”といった人々の、なにげない話から「えーっ!!」と思うような話を聞く」「あっ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード