【最新刊】入門 企業金融論―基礎から学ぶ資金調達の仕組み

入門 企業金融論―基礎から学ぶ資金調達の仕組み

1冊

著:中島真志

2,772円(税込)
1%獲得

27pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。多くの大学の経済学部・経営学部で開講されている「企業金融論」「企業財務論」「コーポレートファイナンス」のためのテキスト。多くの「コーポレートファイナンス」のテキストは、数理モデルの解説が中心だが、本書は、数学が苦手な学生・社会人でも「読めばわかる」ように、銀行借入や株式、社債など、企業の資金調達の仕組みを、非常に平易に解説。重要な金融用語についても丁寧に解説されており、一通り読めば「企業から見た金融の仕組み」の基礎が、十分に身につく一冊。理解度を確認するための練習問題つき。本書の特徴は以下の通り。第1に、企業からの視点で、企業金融をとらえている。多くの金融論の書籍は、金融機関や金融市場が中心の視点で書かれているが、本書はあくまでも「主役は企業」という立場で記述している。第2に、「ファイナンス理論」の書籍とは、構成・内容ともに、一線を画している。ファイナンス理論を学ぶ前に読んでほしい1冊である。第3に、複雑な数式や計算をほとんど使っていない。この点は、とくに文科系の学生・出身者にとっては、大きなメリットとなる。【主な内容】序 章 企業金融とは何か第1章 企業の資金需要第2章 資金調達の形態第3章 財務諸表の見方第4章 キャッシュフロー第5章 借入金(1)──借入れの種類と返済方法第6章 借入金(2)──借入金利とメインバンク制第7章 借入金(3)──担保第8章 借入金(4)──保証第9章 社債(1)──社債の種類第10章 社債(2)──公募債と私募債第11章 社債(3)──格付け第12章 株式(1)──株式による資金調達第13章 株式(2)──企業の合併・買収第14章 アセット・ファイナンス第15章 ベンチャー・ファイナンス

    続きを読む
    ページ数
    341ページ
    提供開始日
    2015/03/06

    レビュー

    4.7
    4
    5
    3
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/19Posted by ブクログ

      会計の勉強をしたいと思った人が簿記を勉強する前に読むべき本かと思います。そもそも経理でもなければ経済学部でもない自分にとって、企業でどのような金融が行われておりそれのなにが嬉しいのか、具体的に教えてく...

      続きを読む
    • 2019/01/13Posted by ブクログ

      これまで間接金融と実務を繋げる本はあまり無かったように思える。多くの本が直接金融をベースとしているため、融資担当や財務担当になった人は読むべき一冊。
      BS・PL・CFの簡易な考え方、基本的な貸出方法、...

      続きを読む
    • 2015/08/24Posted by ブクログ

      この書籍は、企業金融における学術書と実務書の両方を読みこなすための第一歩として最適な入門書と思われる。アカデミックを指向する人にとってもビジネスプラクティスを指
      向する人にとっても最適な入門書である。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード