【最新刊】日本資本主義の正体

日本資本主義の正体
1冊

著:中野雅至

820円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

いまや資本主義は、低成長とパイの奪い合い、格差拡大という三つの矛盾を抱え、完全に行き詰まった。特に日本では、長時間死ぬほど働いても給料が上がらず、資本家による労働者からの露骨な搾取が蔓延(はびこ)っている。しかし日本人はそれに文句も言わず、賃上げ要求のデモやストライキをすることもない。なぜ日本の労働者はかくも鈍感なのか。経営者の多くも儲かっていない中、富はどこに吸い込まれているのか。日本資本主義の特殊性を謎解きし、搾取の構造から抜け出す方法を提示する。

続きを読む

レビュー

4
2
5
0
4
2
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/12/24Posted by ブクログ

    現在の日本経済をどう考えるか、という視点でよくまとまっている。マルクス経済学の立場ではないが、資本論の原理的な説明と現実の経済活動の間を埋める可能性がある。

  • ネタバレ
    2015/07/22Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2015/06/24Posted by ブクログ

    日本の労働市場は流動性が低く、とにかく会社にしがみつくのがベストという夢も希望もない言い方となっているがこれば現状か。会計だ、英語だといくら勉強しても個人的な防衛策には限界がある。最後に楽観的な日本の...

    続きを読む

セーフモード