「モンスター新聞」が日本を滅ぼす メディア閻魔帳

著:高山正之

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いまや「モンスター」は親だけではない。数々の信じられないウソや偏向報道で日本を腐す大手マスコミの「モンスター」ぶりを暴く!大手マスコミの“赤い御三家”と、それにしたがう地方新聞やテレビの報道番組。その実態をつつみかくさず明らかにする。歴史の真実を知らない日テレ、未熟な大人をもち上げるTBS、大軍拡に快哉を送った『朝日』、「原発はやめろ!」は馬鹿の大合唱、古舘伊知郎の真っ赤な嘘、基地と市民と『朝日新聞』……日本を意図的に貶める「モンスター新聞」の“功績”によって、現代の日本はますます外国から信用を失い、日本人は自国に対する誇りを失っている。それを食いとめるために、今回も超辛口名物コラムニストがこれらメディアを一刀両断する。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 2010/09/24

      マスコミで大騒ぎになり世間を騒がせ不安を掻立てられた事柄や事件が、実は歪められた報道で違う側面を持つことがこんなにあるのか!と驚く。

      或いは、そんなことがあったのかということを知る。

      超辛口コラム...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2012/01/29

      週刊新潮での辛口コラムが人気の作者によるマスコミ論。本書でも辛口な批評が炸裂。読んでいて痛快な気分にさせられる。

      世の中には、新聞に書いてることは何でも正しい、と思ってる人間のなんて多い事か。ひどい...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2019/01/02

      新聞には正しいことが書いてあるんだって思ってました。昔は・・・。
      新聞を読む前に、自分の視点を確立しておくことが大事。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード