人間を考える(PHPビジネス新書 松下幸之助ライブラリー) 新しい人間観の提唱・真の人間道を求めて

著:松下幸之助

850円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    松下幸之助ほど人間について深く思索し、それを経営に活かした人物はいない。「人間とは何か」という命題は東西古今を問わず、哲学者たちが挑んできた究極のテーマであるが、本書は経営者である著者が、20年以上の思索と人生経験から導き出した一つの解答である。本書の制作に際し、半年の間に60数回にも及ぶゲラ(校正刷り)の検討がなされた。最後の校閲が終わったとき著者は、「自分はこれまでいろいろなことを考え、話してきたが、結局このことが言いたかったのだ。自分の考え方の根本はこれに尽きる」と真情を吐露したという。宇宙の本質から始まり、宇宙と人間との関係、人間の使命へと展開していく著者の思索の根幹は「人間は万物の王者である」ということである。そこから誰もが磨けば光るダイヤモンドであるという人間尊重の精神が生まれ、一方で王者としての大きな責任も生じるのである。松下経営の真髄を知るための必読書。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/12/25Posted by ブクログ

      宇宙万物いっさいは、常に変化し、絶えず流転している
      人間は万物を支配活用する偉大な王者
      そのら偉大な本質は、個々の知恵を融合調和した衆知の働きによって発揮

    • 2015/04/15Posted by ブクログ

      ”人間とは”という大テーマに松下氏が臨んだ本書。
      ビジネス書ではなく哲学の本に近い。
      人間道を提唱し自由と秩序、生成発展を軸とした調和共栄を唱えている。
      やや抽象的な表現が多いため理想を謳っている点が...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2015/02/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード