戦慄のクトゥルフ神話 狂気の山脈

原作:ハワード・フィリップス・ラヴクラフト 漫画:宮崎陽介

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【注 単行本に収録されているパロディ短編小説「陰気な山脈にて」は電子版には収録されておりません。ご了承ください】ロバート・ブロック(サイコ)、ギーガー(エイリアン)、菊地秀行(吸血鬼ハンターD)など、世界中のクリエイターに強い影響を与えた「クトゥルフ神話」。その原点小説『クトゥルフの呼び声』に勝るとも劣らない人気を誇り、映画化の噂も絶えない『狂気の山脈にて』を漫画化。各章末には、PHP研究所既刊『クトゥルフの呼び声』の解説やライトノベル『うちのメイドは不定形』の原案を担当したクトゥルフ神話研究の第一人者、森瀬繚氏による解説を掲載。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.4
    5
    5
    0
    4
    3
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/02/08Posted by ブクログ

      マンガ版クトゥルフ・シリーズも、最初は、イマイチだったけど、だんだと結構、楽しくなってきた。

      そして、「狂気の山脈」は、好きな話です。

      しかし、最後なにがおこったかは、マンガでは表現しにくいですよ...

      続きを読む
    • 2011/12/14Posted by ブクログ

      『インスマウスの影』共々、
      うっかり衝動買いしちゃいましたが……
      えーん(pωq)やっぱり怖くないよぅ。
      あの独特の気持ち悪さを別の媒体で表現するのって
      大変なことなんだなぁと改めて思いました。

    • 2011/01/01Posted by ブクログ

      今年最初に読んだのは、これに掲載されているアーサー・C・クラークの小説「陰気な山脈にて」。

      しかも「狂気の山脈にて」映画化決定とか期待せずにはいられない。

    開く

    セーフモード