革命の燃える指先【イラスト入り】

[著]金田えびな[画]緋色れーいち

565円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    四方将伊は事態がのみ込めなかった。出会った時から自分を嫌っているとしか思えない男、阿久津英が自分を抱こうとしている──。才能もないくせに、ピアノにしがみついていた罰なのか。調律代を体で支払えと迫る男に、将伊は完全なパニックに陥った。「わ、わたしを侮辱するつもりかっ」必死で抗う将伊だったが、男の強引な愛撫は将伊の体をとろとろに蕩かし……。──官能と情熱の、革命的ロマンス。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード