楽毅(四)(新潮文庫)

宮城谷昌光

869円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ついに中山国は滅亡した。祖国を失った楽毅は趙の主父から仕官の誘いを受けたが、折しも王位の継承をめぐり趙では内戦が勃発。主父は無惨にも餓死に追い込まれた。諸国を転々とし雌伏のときを過ごしていた楽毅の前途に光明がさす。楽毅の将才を高く評価する燕の昭王が三顧の礼で迎え、大望を託そうとしていた……。三国志の諸葛孔明、劉邦らを魅了してやまなかった名将を描く歴史巨編。

    続きを読む
    • 楽毅 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      楽毅 全 4 巻

      3,080円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    • 2011/09/27Posted by ブクログ

      宮城谷昌光さんの「孟嘗君」にはまって、この半年ほどの間に4回くらい読み返しました。
      その間、徐々にBOOKOFFで「楽毅」全4巻を買い集めていたので、先日、ようやく「楽毅」を読み始め、ようやく読み終え...

      続きを読む
    • 2007/01/04Posted by ブクログ

      05-12-20
      宮城谷昌光「楽毅」を読みました。楽毅(がっき)*1は、孫子の兵法を学ぶべく、当時権勢を誇った斉に留学していた若き頃、「人がみごとに生きることは、むずかしいものだな」と考えます。楽毅は...

      続きを読む
    • 2015/07/21Posted by ブクログ

      同作者の「孟嘗君」を読み終えたので、次はこれを読み始めました。
      本作は「孟嘗君」と同じ戦国時代の話で、序盤に孟嘗君その人も出てきます。
      孟嘗君は作中において、主人公である青年楽毅の心の支えといえるくら...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001504912","price":"869"}]

    セーフモード