楽毅(二)(新潮文庫)

宮城谷昌光

737円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    祖国中山は自分にとって小さすぎるのか――。楽毅の憂色は濃く、深い。四度にわたる隣国・趙の侵略。宰相だった楽毅の父は自ら望んで死地へ赴き、祖国は国土の大半を失った。趙の侵略はとどまるところを知らず、戦火が絶えない。が、祖国の君臣は方策を講じず、内外で声望の高まる楽毅を疎んじ続けた。苦難の戦いを強いられた楽毅はどこに活路を見出し、いかに理想の自己を貫いたか。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード