楽毅(二)(新潮文庫)

宮城谷昌光

737円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    祖国中山は自分にとって小さすぎるのか――。楽毅の憂色は濃く、深い。四度にわたる隣国・趙の侵略。宰相だった楽毅の父は自ら望んで死地へ赴き、祖国は国土の大半を失った。趙の侵略はとどまるところを知らず、戦火が絶えない。が、祖国の君臣は方策を講じず、内外で声望の高まる楽毅を疎んじ続けた。苦難の戦いを強いられた楽毅はどこに活路を見出し、いかに理想の自己を貫いたか。

    続きを読む
    • 楽毅 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      楽毅 全 4 巻

      3,080円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    • 2011/09/27Posted by ブクログ

      宮城谷昌光さんの「孟嘗君」にはまって、この半年ほどの間に4回くらい読み返しました。
      その間、徐々にBOOKOFFで「楽毅」全4巻を買い集めていたので、先日、ようやく「楽毅」を読み始め、ようやく読み終え...

      続きを読む
    • 2007/01/04Posted by ブクログ

      05-12-20
      宮城谷昌光「楽毅」を読みました。楽毅(がっき)*1は、孫子の兵法を学ぶべく、当時権勢を誇った斉に留学していた若き頃、「人がみごとに生きることは、むずかしいものだな」と考えます。楽毅は...

      続きを読む
    • 2015/07/21Posted by ブクログ

      同作者の「孟嘗君」を読み終えたので、次はこれを読み始めました。
      本作は「孟嘗君」と同じ戦国時代の話で、序盤に孟嘗君その人も出てきます。
      孟嘗君は作中において、主人公である青年楽毅の心の支えといえるくら...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001504910","price":"737"}]

    セーフモード