【完結済み】花井沢町公民館便り 1巻

花井沢町公民館便り

完結

ヤマシタトモコ

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

2055年。わたしたちの町・花井沢町は、あるシェルター技術の開発事故に巻き込まれ、外界から隔離されてしまいました。どこにも行けず、誰もやってこない。遠くない未来、いずれ滅びることが約束された町で、わたしたちは今日も普通に生きています。『BUTTER!!!』『HER』『ドントクライ、ガール』など多彩な作風で知られるヤマシタトモコの最新作!

続きを読む
ページ数
192ページ
提供開始日
2015/03/23
連載誌/レーベル
アフタヌーン
出版社
講談社
ジャンル
青年マンガ
  • 花井沢町公民館便り 全 3 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    花井沢町公民館便り 全 3 巻

    1,980円(税込)
    19pt獲得

レビュー

  • ネタバレ
    2015/07/02Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2015/03/27Posted by ブクログ

    久々に震えた一冊。

    生物を通さない、見えない膜に囲まれた小さな町。そこに住む人たちの物語です。



    全員が全員の名前を知っている世界。
    そして、決して逃げられない世界。
    個人的には考えただけでゾッ...

    続きを読む
  • 2015/04/16ともひと
    見えない壁がそこにはある

    花井沢町は見えない壁で囲まれている。
    “生きているもの”は通り抜けられない、透明な壁だ。

    そうなってしまった時に生きていた人、そのときこどもだった人、後から産まれた人。
    世代にもよるけれど、思うこと...

    続きを読む
開く

セーフモード