日本海軍と政治

手嶋泰伸

702円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    海軍の太平洋戦争への責任は陸軍に比して軽かったのか? 明治憲法下において政府・議会と並ぶ国家の主柱であったにもかかわらず、その責任を十分に果たすことのできなかった海軍の「政治責任」を、「不作為の罪」をキーワードに検証する。これまで顧みられることの少なかった「海軍と政治」の問題をはじめて正面から問う問題の書。(講談社現代新書)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード