日本海軍と政治

手嶋泰伸

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    海軍の太平洋戦争への責任は陸軍に比して軽かったのか? 明治憲法下において政府・議会と並ぶ国家の主柱であったにもかかわらず、その責任を十分に果たすことのできなかった海軍の「政治責任」を、「不作為の罪」をキーワードに検証する。これまで顧みられることの少なかった「海軍と政治」の問題をはじめて正面から問う問題の書。(講談社現代新書)

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/02/16Posted by ブクログ

      言ってみれば「日本海軍の“政治的行動”に観る日本的官僚主義」とでもいう具合で論旨が展開している。非常に興味深い…

      本書は“海軍”と題に在るが、勇壮な海戦の物語や、軍艦の技術的な説明や、海軍が生み出し...

      続きを読む
    • 2015/05/07Posted by ブクログ

      海軍の善玉悪玉論を越えて、日本海軍が日本の近代政治に与えた影響や、なぜそのような影響を及ぼしたのかについて解説されている。
      全体のキーになるのが「侵官之害」で、海軍の管掌範囲意識から生まれる軍人は政治...

      続きを読む
    • 2018/07/26Posted by ブクログ

      日本近代史を海軍と政治という側面から著した本。序章において「近代日本の海軍と政治をめぐる歴史」を素材として「歴史における越権行為や職務怠慢を観察して、教訓を得る」ことの必要性が説かれている。

      海軍は...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001504368","price":"825"}]

    セーフモード