【最新刊】ヤマケイ新書 狩猟始めました -新しい自然派ハンターの世界へ-

ヤマケイ新書 狩猟始めました -新しい自然派ハンターの世界へ-

1冊

著:安藤啓一 著:上田泰正

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    狩猟のある暮らし。新しい自然派ハンターの世界へ生き物が食べ物へと変わる瞬間、「人間も自然のなかで生きている」ということを知りました。従来とは違う若手狩猟者が増え始めています。動物を狩ることが目的ではなく、狩猟を通じて「自然」「田舎の社会」「自分たちの暮らし」を理解し、豊かなライフスタイルを志向する人たち。50歳未満の狩猟免許取得者は約3万人。ジビエを味わうなど接点のある人も含めると30万人あまりの方が猟と関わる暮らしをしています。本書は、そうした人々の動向を、「またぎ文化本」や「狩猟レジャー本」、「自給自足の本」とはアプローチを変え、狩猟のあるエコ・ライフスタイルとしてまとめています。狩猟免許を取得したり、鳥獣保護員、狩猟監視員としてのボランティアを始めたりする登山者も増えており、登山の現場での狩猟事故の発生を未然に防ぎたい意図もあります。内容:・第1章 狩猟体験記-初めての獲物・第2章 森歩きで動物を探す ・フィールドサイン ・気象条件に応じて動物を見つける ・音を聞く、匂いを感じる-五感の動物さがし・第3章 畑は動物レストラン-さまざまな農林被害・第4章 私はなぜ狩猟者になったのか-狩猟とナチュラルライフ・第5章 ワイルドミート-解体と調理・第6章 骨と皮からの動物観察-さまざまな加工品・第7章 都会ぐらしでハンターになる-狩猟・鉄砲の法令関係

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/27

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/04/30Posted by ブクログ

       「父親が山から獲物を持ち帰り、動物たちの暮らす森や狩猟のことを聞かせてくれる…夜中に台所で解体されたお肉が朝食に出てくる食卓。そうした環境で子どもたちが育っている」。
       八ヶ岳南麓に畑を借り、家族で...

      続きを読む
    • 2014/11/29Posted by ブクログ

      漫画『山賊ダイアリー』の影響で狩猟免許の取得者が増えているらしい。本書は、狩猟についてだけではなく鳥獣害対策の実態や、ジビエ料理や野生動物との共生を目的に活動している人たちなども紹介されている。

    セーフモード