【最新刊】ソーラーバブル崩壊―週刊東洋経済eビジネス新書No.98

ソーラーバブル崩壊―週刊東洋経済eビジネス新書No.98

1冊

編:週刊東洋経済編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    固定価格買い取り制度(FIT)の導入で膨張した太陽光発電ビジネス。だが、FITへの申し込みが殺到したため、2014年9月25日に九州電力は受け入れに対する回答保留を発表。立て続けに北海道、東北、四国、沖縄電力も新規接続契約保留を発表し、多くの事業者に衝撃が走った。 バブルが沈静化し正常に戻るだけなのか、あるいは普及そのものが停滞してしまうのか。ソーラービジネスは大きな岐路を迎えている。 本誌は『週刊東洋経済』2014年12月13日号掲載の20ページ分を電子化したものです。●●目次●●どうする再生可能エネルギー中小企業も飛びついた、ソーラー投資の“魅力”九電ショックの波紋。バブル崩壊に焦る企業太陽電池メーカーは中国勢と淘汰競争へパワコン業界も環境一変。コスト競争力がカギに【風力・地熱】ソーラー以外の再生可能エネルギーはどうなった?日本は今こそドイツに学べ! 再エネの最大限導入へ国に問われる本気度【論客2人に聞く】再エネFITはこうすべき

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/27

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード