【最新刊】小さないじわるを消すだけで

小さないじわるを消すだけで

1冊

著:ダライ・ラマ14世 著:よしもとばなな

1,056円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    安らかな死を迎えるためには、他人に害をなさず、助けてあげて下さい。“ノーベル平和賞受賞の宗教家”と“人々の心を癒し続ける小説家”による、決定的人生論。一度しかない今世を、精一杯生きるために。生きにくさや孤独は、手放せる。-小さないじわるは、自分も人も滅すると心得る。-伝統をふまえながら、臨機応変に行動する。-自分の小さい変貌で、大きな流れを作れる。-欲にとらわれて、心の状態を感情的にしない。-自分にとっての常識は、小さな枠であると認識する。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/27
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    3.5
    18
    5
    3
    4
    8
    3
    4
    2
    2
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/01/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/12/24Posted by ブクログ

      よしもとばななとダライ・ラマの対談というよりは、よしもとばななの思想の独白的な本。

      「ちいさないじわる」の具体的イメージと、そこと闘うよしもとばななの姿が印象的。
      そして、それ以外は何も無い本。
      ...

      続きを読む
    • 2018/07/30Posted by ブクログ

      インドの仏教の言葉「ただし手段が存在しているならば、何も心配することなく、正す努力をすればいい。しかしその問題に対して、何も手段がなければ、やはりそれ以上心配しても全く無意味である。」

      苦しい時こそ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード