【最新刊】死の体験授業

死の体験授業
1冊

著:山崎章郎

1,080円(税込)
ポイント 10pt

通常ポイント:10pt

もし、あなたの余命が3か月だとしたら、何をしますか?末期がんの告知をされずに亡くなっていく人々の衝撃的な様子を描き、死を目前にした人々に対する医療やホスピスケアのあり方を世に問うた、大ベストセラー『病院で死ぬということ』。それから25年がたち、その間、2000人以上の「死」と向き合った著者は、多くの患者さんが家での最期を望むことから、現在では在宅診療を行っています。そのような著者が、武蔵野美術大学の特任教授として行った「死の体験旅行」というワークショップ。若い学生たちに、死にゆく過程を疑似体験してもらうことによって「死」というものへの考えを深め、「死」があるからこそ輝く「生」があるということを確認してもらうためです。本書では、その授業の内容を中心に、「医療やホスピスの現状」「死んだらどうなるか」「今先生が考えていること」などについても書かれています。それでは「死の体験授業」を始めましょう。*目次より「死の体験授業」で大学生に伝えたかったこと死に直面した人は五つのプロセスをたどる意味のない治療より悔いのない最期を医師も患者も互いに納得して迎える最期愚痴ばかりこぼす患者がなぜ変わったのか医師とは徹底的にコミュニケーションする家族を救う元気なときの意思表示もし、あなたの余命が数か月だったら死の体験旅行感謝と謝罪があふれ出る「別れの手紙」亡くなる前にやっておくべき五つのこと「お迎え現象」とは何か人は死んだらどうなるか

続きを読む
提供開始日
2015/02/27

レビュー

0
0
5
0
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2015/07/12Posted by ブクログ

    東大病院で末期ガンである事を告げられた高僧が、激しく落ち込み、生きる意欲を失い、悲観に暮れたままあっという間に死んだという話は結構有名な話で、これが告知を躊躇する大きな要因になっているらしいが、人生の...

    続きを読む

セーフモード