【最新刊】定年の迎え方

定年の迎え方

1冊

著:江坂彰

510円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    いまや人生80年の時代になった。ということは、60歳で定年を迎えてから、まだ20年もあるということ。「人生二毛作の時代になった」と著者は言う。では、その二毛作目を実り多きものにするには何が大切なのか。定年後の人生を充実して生きるためには、今までとは全く違った視点と、いくつかの知恵とテクニックが必要であるという。本書では、人生の先輩である著者が、自分の経験をもとに示す15のメッセージが載せられている。「妻と二人生活が基本スタイル」「定年までに捨てるもの」「モノより思い出」「旅は定年後の必修科目」「最後には貯金通帳をゼロに」「物事を好きか嫌いかで決める」「ゲートボールより若い友人」など、興味ある項目が並んでいる。30年以上勤めてきたサラリーマン人生が終わり、全く新しい人生が始まるのだから、やはり心と生活環境の準備がいる。その具体的な準備の方法を記した本書は、読者にきっと多くのヒントをくれることだろう。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/27
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/02/24Posted by ブクログ

      うちにあったから読んでみた。

      思い出とは、心の満足だ。
      というのは名言と思った。

      思い出をたくさん作ろうね。
      などと言う人がいるけど、
      心が満足できるような心地よい付き合い、過ごし方をしましょうね...

      続きを読む

    セーフモード