【最新刊】公務員、辞めたらどうする?

公務員、辞めたらどうする?
1冊

著:山本直治

650円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

公共部門縮小が必至の時代。転職したいと思っている公務員も決して少なくないはず。最近のお役所勤めは、昔ほど楽ではないし、世間の目はますます厳しくなった。公務員制度改革によるリストラもささやかれている。もはや、「役人天国」の時代は終わったのだ。ならば民間会社で、あるいは起業することで、自分のやりたい仕事に挑戦してみてはどうか?そのための転職支援サイト「役人廃業.com」を主宰する著者は、旧文科省のキャリア組出身。現在は人材スカウト業に従事し、自らの「役人廃業」体験をもとに、多くの転職知識や事例を紹介する。さらに、公務員問題の焦点ともいえる「天下り」「留学後早期退職」についても言及。「天下り」をなくす対策として、公務員が独力で転身先を探せる環境づくりが必要であると説く。全国四〇〇万人の公務員に問いかける、キャリアチェンジのすすめ。

続きを読む

レビュー

3.3
13
5
2
4
2
3
7
2
2
1
0
レビュー投稿
  • 2013/12/23Posted by ブクログ

    (注:別に今仕事を辞めようとしているわけではありません)著者は元キャリア官僚であり、公務員やパブリックセクターで働くことやそれらのキャリアを客観視し見直すためには有意義な本。
    いずれせよ組織に依存せず...

    続きを読む
  • 2013/06/09Posted by ブクログ

    おそらく、著者が公務員を辞めて民間に移った経験から、公務員の中には民間に出たいと思っている人が少なからずいて、そうした人向けに民間への転職の仕方を説いている。

    転職の理由として、「やりたいことが見つ...

    続きを読む
  • 2011/08/23Posted by ブクログ

    公務員のキャリアチェンジとそれを取り巻く現状について書かれた本。
    著者は中央大学大学院を卒業後、文部省に入庁。6年間務めたあと、人材紹介会社に転職した。
    2007年に書かれた本なので、少し古いところが...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード