【最新刊】お役所バッシングはやめられない

お役所バッシングはやめられない

著:山本直治

699円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    お役所バッシングとは、一種の依存性薬物である。政治家や公務員を激しく叩いているうちに「正義の自分」に高揚感・陶酔感を持ってしまうのだ。しかし、過度の批判が政策を歪め、少しずつ日本社会を蝕んでいることに気づいているだろうか?何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」である。近年の耐震強度偽造問題にしてもそうだ。これは個人保護の目的で行われた法改正が、逆に企業の経済活動を縛ることになってしまった典型例であり、政治家に法改正を決断させたのはマスメディアに扇動された世論に他ならないのだ。本書では、元文科省キャリアがお役所バッシングの功罪を論じつつ、建設的なお役所バッシングの方法を提案する。今こそ感情に任せた批判は卒業し、想像力とバランス感覚を兼ね備えた「バッシングリテラシー」を身につけるべき。是々非々の変革とは、愚直で泥臭いイバラの道。政治改革が叫ばれる今、国民の意識を根本から変える一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/27
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • null巻2009/10/14Posted by ブクログ

      ○175結局大事な事は、現場の工夫として許してもいい、柔軟なルール運用の範囲を決める「正義感のバランス感覚」ではないでしょうか
      ★あんまり細かい事を指摘され続けると萎縮するんだよね。
      ○162「絶対的...

      続きを読む
    • null巻2010/03/11Posted by ブクログ

      これは、書名に惹かれました。どうもお役所の仕事に懐疑的なんですよね、物心付いたときから。そういう意味ではこれまで仕事してくる中で相変わらずなところですね。

    • null巻
      ネタバレ
      2011/04/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード