【最新刊】面白くて眠れなくなる社会学

面白くて眠れなくなる社会学

1冊

著:橋爪大三郎

1,200円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    なぜ社会はこんなふうに成立しているのか?社会学は、社会をまるごと考察します。人間が社会を生きていくとき誰もがぶつかる問題を、残らず正面から受け止めます。社会を生きる人間の真実のすがたの、いちばん深いところまで考えて、科学と、科学でない世界の境界ぎりぎりのところを、科学の側から考えていきます。その昔、社会学の教科書を、ひと通り読みました。私には使えない言葉が並んでいました。そこで、そういう言葉を使うのはやめ、自分で納得した言葉だけを集めて磨き、自分の社会学をいちから築くことにしました。この本にまとめてあるのは、そうした私の遅々とした歩みの、足跡のようなものです。世界でたった一冊しかない(かもしれない)、これから社会に旅立つ若い人びとのための手引き書です。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/27
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.5
    19
    5
    5
    4
    2
    3
    11
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/14Posted by ブクログ

      「社会学を学ぶと、無駄なコスト(努力)を払わずに済むようになる」⬇︎

      ①""世の中の動き""を客観的に知る
      ②""世の中の動き""に合致した選択ができるようになる
      ③自分のやりたいことがしやすくなる...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/02/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/10/08Posted by ブクログ

      息子が今年(来年)受験で、社会学部を志望している
      ということで。
      社会学というタイトルであり、著者が橋爪氏ということで
      読もうと思いました。
      社会学というか、哲学というか。非常にアカデミックで
      面白か...

      続きを読む
    開く

    セーフモード