【最新刊】鬼神の微笑

与力・仏の重蔵

藤水名子

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    麝香の香りをさせる女密偵の思惑を《仏》の重蔵が暴く!大店の主殺しが続くが、どこも病、自殺という。いったい誰が何のために? 誰もが口を閉ざす中、重蔵が襲われる……。大店の主が殺される事件が続く中、戸部重蔵の前に、火盗の密偵だと名乗る色気たっぷりの年増女が現れる。家族も口を閉ざし、殺された商人たちにつながりも見えず、探索は進まないが、なぜかあちこちで女に出くわす。元は盗っ人《夜桜》のお高として有名だったというが、女は本当に火盗の仕事を?そして重蔵が襲われる……。商家の主殺しと女密偵の謎を、重蔵は解けるのか。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/01
    連載誌/レーベル
    二見時代小説文庫
    出版社
    二見書房
    ジャンル
    歴史・時代
    • 与力・仏の重蔵 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      与力・仏の重蔵 全 5 巻

      3,850円(税込)
      38pt獲得

    レビュー

    • 2015/08/26Posted by ブクログ

      第一弾
      中国題材の物は読んでいるが日本物は初めて!
      どうも南町奉行矢部そして鳥居、背後に控える老中水野
      どうも私の嫌いな設定、しかし架空の登場人物に関しては面白そうである。
      過去を引きずりながらの活躍...

      続きを読む
    • 2015/08/31Posted by ブクログ

      第三弾
      段々と面白くなるか、しかし、今後の展開のスピードは?
      老中水野と矢部の確執は一方的、背後で暗躍する賊も同様に一方的?
      青次の惚れた女はくノ一、和泉屋の企みは?
      何か矢部奉行一人が達観した感じ

    • 2015/08/26Posted by ブクログ

      第四弾
      夜鷹殺しの犯人探しに執念の密偵喜平次の過去、そしてお悠と新吉共に昔を思い出しながら
      そして犯人の背後で暗躍する鳥居と手下の刑部、矢部と鳥居の暗闘は

    開く
    [{"item_id":"A001649569","price":"770"}]

    セーフモード