パリの美術館で美を学ぶ~ルーブルから南仏まで~

布施英利

1,023円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1区から16区までかたつむりの渦のような形のパリの街。その順番に沿った地理的な構成で、ルーブルから美をめぐる旅をはじめよう。パリのかたつむりのような渦巻は、やがて郊外へ飛び出し、ジヴェルニーやヴィリエ・ル・バークルなどの村にある画家のアトリエを訪ねる。さらにその渦の行先は大きくなり、南仏のニースやマルセイユにある美術館にも話は及んでいく。パリの美術館から、どんな美がみえてくるのだろうか。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/02/07Posted by ブクログ

      最後の、著者がマルセイユで強盗に遭い、現地人や旅行者に親切にされるくだりがもっともためになった。そして「モナリザ」の盗難事件についても。

    • 2020/01/19Posted by ブクログ

      「美を学ぶ」とあるが、啓蒙/教養/入門本ではなく、著者の体験記。図版も殆どが著者自身が撮影したものなので、斜めだし(美術本としたら、2次元作品の図版としてはいかがなものか、だが、体験記・旅行記だから仕...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001502936","price":"1023"}]

    セーフモード