最強の未公開企業 ファーウェイ―冬は必ずやってくる

著:田濤 著:呉春波 監訳:内村和雄

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ファーウェイという企業をご存知でしょうか。世界170カ国に展開、世界人口の3分の1にサービスを提供し、米国の経済誌に「世界でもっとも革新的な企業」として、フェイスブック、アマゾン、アップル、グーグルに続く第5位に選ばれるようなグローバルIT企業です。中国語社名は「華為技術有限公司」。もともとは、うだつの上がらない人民解放軍の退役軍人だった任正非が、1987年に深センではじめた怪しげな、中国ではよくあるブローカーのひとつでした。その他大勢のブローカーと任が違っていたのは「20年後に世界レベルの通信機器メーカーになる」という強い思いを抱いていたこと。そしてそれは現実となったのです。しかし、ファーウェイは急成長するにつれて、かつて教えを請い信頼を寄せた米企業から訴えられたり、人民解放軍と密接なつながりを持ち、保護を受け、通信情報を軍に流しているのではないかとウワサされ、ロビイストの暗躍する米議会に問題視されて、いわばアメリカそのものを敵に回したこともありました。任の経営哲学は時に秘密主義とも呼ばれ、株式公開をしないこともあり、実態がなかなかうかがい知れず、厚いベールに包まれてきたことも、そうした憶測を助長しました。わずか20数年の間に、奇跡の成長を遂げたIT業界の“紅い巨人”、ファーウェイとはいったい何者なのか。そして創業者の任正非とはどんな人物なのか。ファーウェイは従業員が全株式を保有する会社であり、任の持ち株比率は1%台にすぎません。彼の類い希なるカリスマもまた、大いなる謎だと言えます。本書は、それらを全面的に解き明かす初めての書物です。【主な内容】序 章 次に倒れるのはファーウェイか第1章 孤高の経営思想家第2章 どこまでもオープンに第3章 開放と閉鎖第4章 妥協という名の芸術第5章 顧客至上主義第6章 奮闘者だけが生き残る第7章 灰度哲学第8章 保守的な「革新」第9章 自己批判第10章 7000人の集団辞職第11章 均衡と不均衡の極意ファーウェイの冬

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/01/01Posted by ブクログ

      通信機器およびスマートフォンの世界で今や飛ぶ鳥を落とす勢いの中国通信最大手企業「ファーウェイ」。日本でもスマホが売れてきたので、知名度も上がってきている。2017年には初任給が日本企業よりも高い月40...

      続きを読む
    • 2019/09/17Posted by ブクログ

      ファーウェイも今まで苦労してきたのと、コツコツ積み重ねて来た結果、今の姿があるのだと言う事がわかりました。

      ファーウェイは現在では技術の最先端を行って、あと2年以内にはSamsungも抜いて販売台数...

      続きを読む
    • 2018/11/04Posted by ブクログ

      ・君たちは目をまっすぐ顧客に向け、上司には尻を向けろ。幹部への気配りのために上から下まで狂奔しているようではいけない。上司が自分を気に入ってくれれば昇進できるなんて考えるな。そんな体たらくでは、我々の...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001502500","price":"1980"}]

    セーフモード