【最新刊】反米経済 凋落するアメリカに追随してはいけない

反米経済 凋落するアメリカに追随してはいけない

著:門倉貴史

1,400円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    米国の世界経済における相対的な重要性が低下している。しかし、日本は国内景気の悪化の原因をもっぱら米国経済に求め、いつものとおり「米国経済が回復すれば、国内景気も自然と持ち直す」といった安易で悠長な景気回復論を展開している。「米国一極集中時代」が終わろうとしているときに、手をこまねいて米国景気の回復を待っているようでは、日本経済はどんどん力を失っていくだろう。「米国依存型の経済構造からの脱却」=「反米経済」を、エコノミスト門倉貴史が鋭く主張する!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/20
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 反米経済 凋落する...
      ネタバレ
      2014/11/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 反米経済 凋落する...2008/12/24Posted by ブクログ

      サブプライムローンの焦げ付き問題が、これから先の米国経済や世界経済にどのような影響を及ぼすかを考察するとともに、「米国一極集中時代」の後に世界経済がどのような姿になっていくのか、その青写真を描く。(T...

      続きを読む

    セーフモード