【最新刊】蘭方姫医者書き留め帳一 十字の神逢太刀(かまいたち)(小学館文庫)

蘭方姫医者書き留め帳(小学館文庫)

著:小笠原京

583円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。戦国時代の争乱が収まって平和となった、開府以来六十余年の江戸。長崎奉行だった父・黒川与兵衛正直の娘である花世は、長崎で蘭方医学を学び、柳庵と呼ばれる治療所を開いていた。そんな市中で、首筋を十字に切られて男が相次いで殺された。警戒を強めるなか、花世の下で働く吉蔵が襲われ傷を負う。背後に切支丹の影が見え隠れし、花世は亡父への想いを秘めながら事件に立ち向かう。江戸市中を不安に陥れようとする、犯人は誰なのか。すべてを見通した花世は、心優しい解決策を提示するのだった。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/20

    レビュー

    • null巻2010/03/16Posted by ブクログ

      登場人物の関係性がちょっと見えづらい。

      自らの名のもとに人を殺してはならぬと教える神は
      何故その同じ名のもとに、自分のために死ぬことを許すのか。

    セーフモード