【最新刊】惚れたが悪いか(小学館文庫)

惚れたが悪いか(小学館文庫)

1冊

著:島村洋子

583円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『曾根崎心中』で徳兵衛と心中したはずの遊女おはつは生きていた?『八百屋お七』の事件とそっくりの火付けをした娘がいた?唐人お吉は異人の妾ではなかった?稀代の妖婦・阿部定には娘がいた――?江戸から昭和にかけて、情念の事件と関わりをもった“伝説”の女たちの物語を下敷に、著者一流の筆致で構築した“異聞”短篇集。可愛くも逞しく、業が深くも切ない女たちの心模様が描き出される。『八百屋お七異聞』『東海道四谷怪談異聞』『曾根崎心中異聞』『女殺油地獄異聞』ほか全七篇収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/20
    出版社
    小学館/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2007/01/28Posted by ブクログ

       九平次、あんたバカだけど最高。私は、あんたみたいな男とは一生友達でいたいと思うし、困った時は、手を貸したいを思うよー(笑)。
       気になった言葉〜〜〜★色仕掛けってのは魔術に似たようなあれだが、使える...

      続きを読む
    • 2006/12/10Posted by ブクログ

      昔の話・逸話の女性の周りからみた話。
      「お皿が1枚〜2枚〜」で有名なお岩さんの話だったり、曽根崎心中物語のおはつだったり、阿部定だったり、の本人や、その周りの人の話。めっちゃ面白かった。こういう見方を...

      続きを読む
    • 2006/09/18Posted by ブクログ

      愛しすぎる女。
      決して度がすぎているわけではないように思えるのは私も女だからかもしれません。男のロマンとは全く違う形だけれど女のロマンとは人を愛することなのかもしれない。

    セーフモード