【最新刊】仏のこころと母ごころ(小学館文庫)

仏のこころと母ごころ(小学館文庫)

1冊

著:梅原猛

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    悲惨な戦争、虐待や殺人、醜い金銭トラブル等々、連日暗いニュースが続く。日本人はいったいどうなってしまったのか。今こそ新しい道徳を創造しなければ、日本も日本人も滅んでしまうのでないか。著者は自らの心の軌跡を辿りながら、母の無私の愛と仏の利他の教えこそ、新しい道徳の根源になるべきだと説く。そして、その道徳こそ豊かな人生を生きるための指針であり、混迷の現代社会を救う鍵であるという。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/20

    レビュー

    2
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/25Posted by ブクログ

      著者がみずからの来歴を振り返りながら、現代において失われてしまった道徳の重要性を、著者の理解する日本仏教の立場から説いた論考などを収録しています。「哲学の道」と題された章は、京都新聞に「天眼」というタ...

      続きを読む

    セーフモード