【最新刊】痴漢「冤罪裁判」(小学館文庫)

痴漢「冤罪裁判」(小学館文庫)
1冊

著:池上正樹

507円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    もし、あなたが痴漢に間違われたらどうしますか?痴漢撲滅キャンペーンの1996年頃から痴漢犯の摘発が急増。だが、中には示談金目当ての悪質な女性や、誤認逮捕も増えている。痴漢冤罪に巻き込まれたら、膨大な裁判負担、信用失堕、さらに解雇の可能性も…。男性にとって、まさに人生を揺るがす大打撃なのである。本書は、実際に痴漢冤罪に巻き込まれた男性たちを取材し、当時の状況、裁判の過程をはじめ、無実の被害者と家族の苦悩と戦いの日々を追う。「痴漢に間違われないためのアドバイス」も掲載。サラリーマン必読の書。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/20

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/05/23Posted by ブクログ

      本を整理していて発見したので再読思っていたよりしっかりした本でした。ちなみに,バンザイ通勤させる気かと書いていますが,満員電車に乗る際,両手の所在を明らかにするのは基本だと思います。それにしても,当時...

      続きを読む
    • 2007/02/15Posted by ブクログ

      2007.2/14
      「それでもボクはやっていない」に関連して。無罪なのに逮捕された人は、おおむね言い分を聞いてもらえない。おそろしい。

    セーフモード