死に方のコツ(小学館文庫)

著:高柳和江

517円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。死は自然なものである。だが多くの人は死を怖がり、病院でさえも死をタブーとする傾向にある。1992年、日本医科大学に日本初の医療管理学教室が作られた。そこで医療と患者を結ぶパイプの学問を研究している著者は、研究のかたわら看護学生に“死”を教えている。この講義が、“死ぬのが怖くなくなる授業”として評判になった。本書はこの授業の内容を101の話にまとめたもの。人生の最後を自分らしく迎えるための達観の書である。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/12/04Posted by ブクログ

      “死ぬのは当たり前”“死は怖くない”ということを精神論ではなく医者としての科学的な根拠で簡潔に説明してくれています。
      自分の身に死が迫ってきた時、この本が手元にあれば慌てたり戸惑ったりせずに落ちつい...

      続きを読む
    • 2012/10/10Posted by ブクログ

      ぶっちゃけた所、ネコは仕事でこの本の内容を専門的に扱っている。生命倫理に対しては一般の人よりは詳しい。

      この本が書かれたのは1990年代。
      一番感じたのは「ほんの十数年前には、まだここまでだったんだ...

      続きを読む
    • 2014/07/27Posted by ブクログ

      死が怖くなくなる本

      医学概論の講座で学生たちに「死」について教えている人による「死ぬこと」について経験や患者など今まで見てきたことを例に前向きに考えてみましょうとする内容。

      「いよいよ死ぬかと思う...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001502398","price":"517"}]

    セーフモード