【最新刊】イエティの伝言(小学館文庫)

イエティの伝言(小学館文庫)

1冊

著:薄井ゆうじ

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    19世紀末に足跡が発見されて以来、何度も目撃されているというヒマラヤの住人・イエティだが、その実体はいまだに謎だ。本書は、イエティのリーダーが捕獲されたことで明らかになったその生き方や能力が、人間の欲望に翻弄されていく物語。架空の土地や謎の生物を描きつつ人間社会に疑問を投げかける筆者の真骨頂。「文明という集団主義は、そうして個人を駄目にし続けてきた」というメッセージが心に響く。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/20
    出版社
    小学館/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/03/09Posted by ブクログ

      展開が面白くて一気に読んだ。ちょっとそれぞれの心境の変化についていけなかった。もう少しライチとの交流を書いて欲しかった。

    • 2011/07/15Posted by ブクログ

      主人公がネパールの奥地で、偶然イエティを捕らえたことが物語の始まりでした。イエティは自ら捕らえられるために、深夜主人公が一人で眠る、長距離バスに乗り込んできたのです。ヒマラヤの森の生息域が狭められるこ...

      続きを読む
    • 2006/07/31Posted by ブクログ

      イエティ。毛むくじゃらの雪男。深い智恵と愛と勇気。
      でも、ぜひ会ってみたい、友達になりたい!とまでは思えなかったところが残念。薄井ゆうじは、人間じゃにのに人間っぽい生き物が好きだなぁ。

    セーフモード