本の現場

永江朗

1,045円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本書は、『図書館の学校』( NPO図書館の学校)で2005年から2007年にかけて連載された原稿を主軸にした、「本が生み出される現場」「本が読まれている現場」の記録である。この30年で出版点数は4倍になったが、いっぽう1点あたりの販売金額は半分になった。なぜこんなことが起こったのか。理由を知りたい。それが取材をはじめるきっかけだったと著者永江朗氏は言う。この5年間で、「本が生み出される現場」は大きく変化しはじめている。自費出版ブーム、ケータイ小説の爆発的売れ行き、ライターや編プロが置かれるますます厳しい現状。一方「本が読まれている現場」はどうか。変わりつつあるのか。「読書ばなれ」は本当か。新書ブーム、ベストセラーはだれが読んでいるのか、などなど。変遷する「本の現場」から何が見えてくるのか。何を見るのか。巻末には、本のディレクションを生業とする幅允孝さん(BACH)へのインタビュー、編集部による永江朗氏へのインタビューを収録した。最後に、そのインタビュー中に「ではこの本は再販をはずしてやってみましょうか」という話になった。本書は、定価ではなく、希望小売価格で発売します。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード