【最新刊】時槻風乃と黒い童話の夜 第3集

時槻風乃と黒い童話の夜

3冊

著者:甲田学人

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「あなたが……『幽霊』?」 衣谷繭が生まれ育った田舎町。四年ぶりに戻ってきたこの町には今、空き地に幽霊が出るという噂があった──。 かつて小さい頃から繭たちは常に仲良しの六人組で過ごしていた。だが繭が引っ越す直前、彼女たちを繋いでいた少女・小姫が、毎日のように遊んでいた空き地で、死体で見つかった。それは繭たちにとっては禁忌(タブー)の話題。そしてその話題に触れられた時、止まった過去は再び動き出す。少女たちが空き地で出会った時槻風乃がもたらすのは──。 それは現代社会に蘇る「いばら姫」。恐怖の童話ファンタジーが紡がれる。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/19
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    20
    5
    7
    4
    6
    3
    7
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/03/25Posted by ブクログ

      「断章のグリム」スピンオフ第3巻。

      怪異は一切出てこないが、それでもやっぱり怖い。
      人の妄念が一番恐ろしいのかもしれない。

    • ネタバレ
      2018/03/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/03/23Posted by ブクログ

      童話をモチーフとした、4つの家族の悲劇を描く短編集。
      ひたすら救われない。
      最も身近な社会集団にまつわる話だからこそ、
      なおさら切実に僕らの心を打つ。

    開く

    セーフモード