【最新刊】司書とハサミと短い鉛筆7

司書とハサミと短い鉛筆

著者:ゆうきりん イラスト:トモセシュンサク

671円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    赤い戦闘司書・ルーエットを操る男は文人のよく知る、意外な人物だった。フィフの先代マイスターでもあった彼は、フィフと彼女の一部で作られたルーエットを 《合本》 することを提案する。しかし文人はその提案に納得し切れない。フィフに対する言葉にできない感情を自覚した彼は……? また仲間を燃やされ怒り心頭のクレオパトラは崎田姉妹に復讐をすべく、彼女たちの両親の本を手に入れる──! 新たな仲間、ルーエットを加え賑やかに(?)なりつつも、ついに物語はクライマックスへ一直線! 果たして決戦の行方は!? 文人とフィフは!?

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/28
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル
    • 司書とハサミと短い鉛筆 全 7 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      司書とハサミと短い鉛筆 全 7 巻

      4,433円(税込)
      44pt獲得

    レビュー

    • 2010/08/09Posted by ブクログ

      最後まで「パンツ履いてない」を貫いたのは素晴らしい…ではなくて。
      シリーズ後半から「製本したい」という気分にさせたれた、“本”好きにはたまらないシリーズでした。(この巻というよりシリーズ感想ですね)
      ...

      続きを読む
    • 2013/09/11Posted by ブクログ

      古本娘のフィフが唐突に
      「まいすたよ,本をつくるのぢゃ!」
      と告げた.
      という訳で今回は冬コミ準備編ですね.
      冬コミでオリジナルの飛び出す絵本を制作して販売する.
      そのための準備を.

      そろそろこのノ...

      続きを読む
    • 2010/06/13Posted by ブクログ

       予想通りの展開でしたが、とりあえず今巻は最終巻に向けての過程なので特には気になりませんでした・・・でも今回一回も鉛筆まわしてないよ主人公!
       

    開く

    セーフモード