【最新刊】帝王、死すべし

帝王、死すべし

折原一

825円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中学生の輝久の部屋にあった「てるくはのる」と題名のついた日記。そこには陰湿で執拗ないじめに、ぎりぎりまで追い詰められた息子の姿があった。グループを率いる「帝王」とは? 父・実は学校に乗り込むが実態はつかめない。関係者は夜の公園に呼び出され次々と襲われる。輝久を妹や同級生の美紀が心配するが、日記に綴られた復讐計画の日は迫っていた。二転三転する事態、そして叙述トリックの名手が用意した驚愕の結末とは!?

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/13
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • 帝王、死すべし
      2015/10/04

      読み始めは、様々な視点から物語が語られており、若干、読みにくいなぁと感じた。父親の視点、子供の視点、編集者の視点・・・これがどうやって繋がるんだ?と思いつつ読み進めた。が、さすが折原作品、序盤を過ぎる...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 帝王、死すべし
      2017/03/10

      息子・輝久の日記を盗み読んだ野原実は、学校で輝久がいじめにあっていることを知る。
      担任に言っても、「いじめはない」というだけで何も対応しようとしない。
      妻はなぜ実がいじめの件を知っているのか、確信はあ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 帝王、死すべし
      2015/03/09

      息子輝久の日記を盗み見た野原実は衝撃を受けた。『てるくはのる』日記には赤裸々ないじめの告白があった。服の下の無数のミミズ腫れ。中心にいるらしい「帝王」とは誰か? 夜の公園で繰り返される襲撃事件。息子は...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード