こくごの時間

雁須磨子

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

忘れていた、あの時間、あの文学、あの気持ち。国語の時間に読んだ本がつなぐ「あの頃」と「今」。教科書オムニバス・ストーリー!!

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.7
9
5
1
4
5
3
3
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/10/14Posted by ブクログ

    メロスとセリヌンティウス、太宰治と檀一雄、李徴と袁傪、国語の時間に取り上げられた作品を前に、登場人物たちが喧々諤々の議論をかわすのが面白い。また、夕焼けの詩に背中を押され、引っ込み思案の自分を奮い立た...

    続きを読む
  • 2016/12/04Posted by ブクログ

    本の感想をみんなでワイワイいうのって楽しいよね。やっぱり走れメロスの太宰治が人を待たせておいて(借金)遊んでいたっていうのが1番の衝撃

  • 2016/05/13Posted by ブクログ

    雁須磨子さんは短編とかオムニバス作品が上手だと思う。
    何回も繰り返し読んでしまう。
    喫茶店の店長やお客さんの話がすごく好き。特にくまの子ウーフの話とか。

開く

セーフモード