ヒレハレ草

著:太田光

517円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    太田光はなぜコメディアンになったのか――太宰治より宮沢賢治に憧れるようになったこと。「エースをねらえ!」に憧れて軟式テニス部に入ったこと。向田邦子、ジェラール・フィリップのことなどなど、初めて明かされるプライベートや裏話、憧れ、夢の数々。徒然なるままにつづられた、常識を超えた面白エッセイ集。短編小説「最低人間」も収録。

    続きを読む

    レビュー

    • 2006/07/03Posted by ブクログ

      誰よりも尊敬しています。この方のように、キレた笑いを提供できる人間になりたいです。
      太田氏は苦手…という方にこそ、読んで頂きたい。彼を見る目が変わるはずだから。

    • 2004/11/18Posted by ブクログ

      何かの雑誌の連載をまとめた本ですね。
      太田節のうなる一冊。
      俺個人としては田中をバカにしてる話が一番面白い。

    • 2005/11/29Posted by ブクログ

      著者はもしかして…天才?
      そう思わせるような鋭い洞察力、自然に身を任せたような文章、どれを取っても『凄い』!
      テレビとはまた違った著者の一面が、この本の内容に滲み出ています。
      本当の『面白さ』を、この...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001501225","price":"517"}]

    セーフモード