【最新刊】三人の志士に愛された女 吉田松陰の妹

三人の志士に愛された女 吉田松陰の妹

1冊

著:原口泉

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本近代を動かした英傑(おとこ) 吉田松陰、久坂玄瑞、楫取(かとり)素彦の生涯を見届けた、知られざる「女の一生」とは。2015年NHK大河ドラマ『花燃ゆ』のヒロイン・杉文。なぜ今、まったく無名といっていい文を主役にしたのか。歴代の大河ドラマで時代考証を務めた著者が、文の人生を通り過ぎた男たち、吉田松陰、久坂玄瑞、楫取素彦との関わり合いから「名もなき女の一生」に迫る。【内容抜粋】●大河ドラマ『花燃ゆ』の題名に秘められた意味●「篤姫」「新島八重」と同時代を生きながらどう違うか●「女性登用」時代にあえて問う「名もなき女たちの偉大さ」●文の子ども時代が偲ばれる姉・芳子の談話●司馬遼太郎が「維新史の奇蹟」と呼んだ松陰の存在●兄・松陰の早すぎる死を、文はどう受け止めたか●久坂玄瑞が最初、文との縁談を渋った理由とは●20通の手紙が語る玄瑞と文の、短いながら細やかな夫婦愛●楫取、男爵となり華族に列せられ、美和子は男爵夫人となる●楫取素彦は、なぜ歴史上の主役にならなかったのか

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/13
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード