【最新刊】10年たっても色褪せない旅の書き方

10年たっても色褪せない旅の書き方

1冊

著:轡田隆史

699円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    団体旅行だろうと一人旅だろうと、大勢の観光客の群れに埋没することなく、もっと「自分らしい旅」をしてみたい――。旅行ブームのいま、こう思っている中高年は多いはず。そこで著者が勧めるのは、「旅の文章」(紀行文)を書いてみること。「書く」という行為を前提にして初めて、「自分らしい旅」は可能となる。なぜなら、旅の脚本・演出・演技のすべてをまとめたものが、「旅の文章」だからだ。しかも、どうせ書くなら、誰しも、他人に読んでもらえる文章にしたいもの。「旅とは旅先に『惚れる』こと」「『無』に感動することが旅の出発点」「そこに在るものだけを見ていては、旅はすぐに古びる」「旅は終わったときからはじまる」といった、人生を豊かにする旅の作法と、「地名を効果的に用いる」「歴史にまつわる事実を書きこむ」「総花的に羅列しない」「決まり文句はなるべく避ける」といった、いつまでも色褪せない旅の文章の書き方が、同時に学べる一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/13
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/03/29Posted by ブクログ

      「『考える力』をつける本」のイメージが良かったので購入。最近は予習もせず、写真を撮って終わりの旅が多いので、これは一つ奮起してと思ったが、私には無理そうな感じ。
      もう一度ゆっくり読んでみたいと思う。旅...

      続きを読む
    • 2015/03/29Posted by ブクログ

      視点を定める、等、初歩の文章読本。で、旅に絞ったところが新しいかというと、どうなんだろう。
      ベトナムいいの記録を作るのに役に立つといいなあ

    セーフモード