スナイパーの誇り(下)

[著]スティーヴン・ハンター/[訳]公手成幸

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ボブとキャシーはモスクワでの調査の結果、赤軍の大物高官がミリを特殊な任務に就かせていたことを突き止める。その任務とはナチス高官の射殺という命令らしい。一体ナチスの高官とは何者なのか。二人はミリが向かったらしいウクライナへ移動する。当地でボブの脳裏によぎるのは、彼女は任務完遂を前に殺されたのではという疑念だった。ミリは標的の狙撃に成功したのか。やがてボブの身にも危機が迫り…。間断なきサスペンスと重層する語りで展開される巨匠円熟の傑作!

    続きを読む
    • スナイパーの誇り 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      スナイパーの誇り 全 2 巻

      1,540円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    • 2016/02/29Posted by ブクログ

      前作「第3の銃弾」が上手いことツボにはまったのか、同じ路線で来ましたね。
      今度は第2次世界大戦時のソ連のスナイパー、愛称「ミリ」、恐るべき狙撃技術から「白い魔女」と呼ばれた女性が第2の主役。
      歴史に埋...

      続きを読む
    • 2014/12/28Posted by ブクログ

      ボブ・リー・スワガー・シリーズの第9作。冒頭から自然と物語に引き込まれた。

      自宅の農場でロッキングチェアで暇を持て余していた68歳のボブ・リーの興味を惹いたのは、1944年に忽然と記録から消えたソ連...

      続きを読む
    • 2014/12/29Posted by ブクログ

      本作の主人公は、ボブ・リー・スワガーというよりは、70年前に活躍し、忽然と記録から姿を消した天才女性スナイパー、リュドミラ・ペトコフであろう。リュドミラ・ペトコフは目的を果たしたのか、リュドミラ・ペト...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001500297","price":"770"}]

    セーフモード