城塞(下)(新潮文庫)

司馬遼太郎

869円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    外濠も内濠も埋められて裸城となった大坂城に対して、家康は最後の戦いをしかける。夏ノ陣を前にして、大坂方には、もはやいかなる勝機も残されてはいなかった。数十万の東軍を相手に、真田幸村、毛利勝永らは、家康の本営にまで斬り込む働きをするが、後続の部隊がなく、いずれも城を墳墓に討死してゆく。秀頼、淀殿は自尽し、巨城の炎上をフィナーレに戦国時代はその幕を閉じる。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード