【最新刊】花束を抱く男

花束を抱く男

1冊

作画:高久尚子 原作:雪代鞠絵

733円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    進学校に通う相沢裕は、不器用で要領が悪く、何をやっても駄目なことを歯がゆく思っている。ある日、入院中の委員長・高梨の見舞いに向かう途中、白い花束を抱え、涙を流していた男に目を奪われる。病院で再会したその男・陣内慎二は高梨の主治医だった。陣内がくれた何気ない一言がまるで花束を貰ったみたいに嬉しい―― 恋ごころを自覚した裕に陣内は……。

    続きを読む

    本作品は、BL、TL、グラビア写真集などが含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    ページ数
    254ページ
    提供開始日
    2015/02/04
    連載誌/レーベル
    ルチル
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.1
    11
    5
    0
    4
    4
    3
    5
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/04/25Posted by ブクログ

      ★3.15
      友部の病んでる感がちょっと引くぐらいひどかった…雪代さんが原作っていうのがなんか納得。裕が、陣内と友部の微妙な関係の中に入り込んだことで歪んだのはわかるけどあの言動は無理。なんか全体的にし...

      続きを読む
    • 2015/08/12Posted by ブクログ

      シナリオと絵を書いている方が異なっていることから非常にしっとりと大人しい進み方をしていると感じました。
      ただ、このストーリーを一冊にするとなると起承転結が急すぎて色々と会話の間やノリが軽い気がしてしま...

      続きを読む
    • 2015/05/04Posted by ブクログ

      花屋だった恋人を死なせてしまった外科医陣内と、鈍臭いけれど真っ直ぐで他人の事を思いやる高校生裕。

      裕の友人でクラス委員長が入院したことで毎日見舞いに行く裕。委員長の主治医陣内と、花屋で陣内の友人の友...

      続きを読む
    開く

    セーフモード